食欲を抑えるのは簡単?お腹をすかせない裏ワザはチラコイド

食欲を抑えるのは簡単?お腹をすかせない裏ワザ

食欲を抑えるのは簡単?お腹をすかせない裏ワザ

 

ご飯を食べても食べてもお腹がいっぱいにならないあなた。
胃袋はもう満腹状態なのに、なぜか食欲がおさまらないあなた。
お菓子を食べるのが好きで、なかなかやめられないあなた。

 

なぜ食欲が抑えられないのか、主に考えられる原因は以下の3つです。

食欲を抑えるのは簡単?お腹をすかせない裏ワザ

 

原因1 食べ過ぎにより胃袋が大きくなっているため
原因2 血糖値が下がっているため
原因3 ジャンキーなものばかり偏って食べているため
原因4 ストレスが溜まっているため

 

原因の詳しい内容は、前の記事に書いたので、気になる方は先にご覧下さい。
食欲が抑えられない理由は?ダイエット中なのに満腹にならない悩み

 

 

では、食欲を抑えるためには、上記の原因をひとつひとつ解決していくことが、確実で近道だと思います。

 

上の4つのあてはまるあなた、ひとつひとつ解決しやすい方法をご紹介していきます。

【原因1を解決】大きくなった胃袋の空腹状態を避ける方法

食べ過ぎが続き、胃袋が大きくなってしまうと、消化して胃の中にスペースができただけで空腹を感じやすくなってしまいます。
たとえエネルギーが足りていてもです。
空腹を感じると食べたときの吸収率が高まってしまう可能性があるため、胃が小さい人に比べて太りやすくなってしまうのです。

 

さらに胃が大きいからこそたくさん食べれるので糖質を過剰摂取してしまい、
必要以上にインスリンというホルモンが働き食べ物を脂肪に蓄えてしまいます。

 

(インスリンを知らないあなたはインスリン=太るホルモンと思ってください。)

 

 

そのため、重要なことは、2つです。

 

食べたものがすぐ消化してしまわないように、なるべく腹もちの良いものを食べること

食欲を抑えるのは簡単?お腹をすかせない裏ワザ

 

糖質や脂質に偏った食べ物は、消化しやすいため、割とすぐに空腹になってしまいます。
例えば、生パスタや、小麦粉のパン、ピザ、スナック菓子、ケーキなどです。

 

一方で、腹もちが良い食材は、食物繊維やタンパク質。

 

食物繊維の多い食材は消化に時間がかかるため、腹もちが良く、すぐ空腹になるのを避けられます。
食物繊維というと炭水化物で太るイメージがあると思いますが、
実は炭水化物は糖質と食物繊維で構成されていて、太る原因は一般的には糖質であり食物繊維ではないため、糖質が少なく食物繊維が多い炭水化物はダイエットになるのです。

 

また、タンパク質も、糖質に比べて消化に時間がかかるのでオススメです。

 

食物繊維の多い食べ物
  • 野菜のサラダ
  • 特にレンコンやサツマイモなど根菜が多いです。

     

  • 全粒粉のパン
  • パンを食べるなら、腹もちの良い全粒粉がおすすめです!

     

  • 玄米、もち麦
  • 白米よりも、食物繊維が多いのでおすすめ。

 

タンパク質の食べ物
  • お肉
  • 特に高タンパクの豚肩ロースや、鶏胸肉、ささみがおすすめです。

     

  • お魚
  • 特に高タンパクなのはカツオ、マグロ、アジです。

     

  • 豆類
  • 納豆や大豆などが高タンパクでおすすめ。

 

糖質や脂質に偏った食事はNG、食物繊維やタンパク質を多くとるのがOK!

 

 

血糖値が上がりにくい食品を一緒に摂ること

食欲を抑えるのは簡単?お腹をすかせない裏ワザ

 

血糖値が上がってしまうと、脳がインスリン(太るホルモン)を分泌し、脂肪に蓄え太らせてしまいます。

 

そのため、血糖値の上昇を抑える必要があります。
方法は、いくつかあります。

 

おやつを食べる際、良質な脂質も一緒に摂る

脂質を一緒に摂ると、食べ物の吸収が遅れて血糖値の上昇がなだらかになると言われているので、
オリーブオイルやアーモンドなどのナッツ、ヨーグルトなど良質な油を一緒に摂るのがおすすめ。

 

酢も血糖値上昇を抑える効果が!?

酢にも消化を遅らせ血糖値を上げづらくする働きがあると期待されているため、
リンゴ酢など、よく市販で売っている酢の飲料を一緒に飲むのもオススメです。

 

 

良質な油と酢を食事の初めに摂るのが良い!

 

 

ちなみに私はオリーブオイルとバルサミコ酢を混ぜてドレッシングを作り、
食物繊維の多い野菜サラダにかけて食べるのを実践しています。

 

 

【原因2を解決】血糖値を急に下げすぎない方法

食欲を抑えるのは簡単?お腹をすかせない裏ワザ

 

ダイエットにとって血糖値は低いに越したことないですが、
下がりすぎて糖質が足りず動くためのエネルギーが不足してしまうと、
震えや動悸、脱力症状などを引き起こし、何か食べないと辛くなります。

 

そのため、血糖値が下がりすぎると空腹感を引き起こし、リバウンドのリスクが高まってしまうのです。

 

血糖値を急に下げすぎないための解決策はこちら。

 

高カロリーなものをドカ食いしないこと

食べすぎると、急に血糖値が上がってしまいますが、
そうすると次は反動で血糖値を下げようとして、脳が焦ってインスリンを過剰分泌して、
急いで血液中の糖分を細胞に吸収させようとします。

 

そうすると、次は逆に血糖値が下がりすぎ、エネルギーが足りているのに脳が「血糖値が低い!何か食べなければ!」と勘違いしてしまいます。

 

困りますね・・・

 

ことの原因は、ドカ食いをして血糖値を急上昇させてしまうため。

 

解決策は単純に、ドカ食いを防ぐこと。

 

空腹にならないように、適度に間食を取る!です。
例えば、血糖値が上昇しにくいナッツやヨーグルトなどがオススメです。

 

 

貧血を防ぐこと

食欲を抑えるのは簡単?お腹をすかせない裏ワザ

 

また貧血の場合も糖分が血液に吸収されづらくなり、血糖値低下の可能性があります。
血液には酸素を運ぶ役割がありますが、貧血により各細胞に運ばれる酸素量が減ると、さらに悪影響が。
例えば腸粘膜など消化吸収に働く細胞も酸素不足になると、消化吸収機能が低下し血糖値が下がりやすくなってしまうのです。

 

貧血を防ぐために鉄分の補給が大切になってきます。

 

お酒を飲みすぎないこと

食欲を抑えるのは簡単?お腹をすかせない裏ワザ

 

お酒をたくさん飲むと、肝臓が血液中の糖分をエネルギーにしてアルコールを分解します。
そのためお酒を飲みすぎるとアルコールの分解のために糖質がたくさん使われ、
血糖値が低くなってしまうのです。

 

そうすると、食べても血糖値が上がらず、甘いものをさらに欲しくなってしまう可能性があります。
空腹感が収まらないのです。

 

そして食べ続けるとさらにリスクが…

 

少し複雑なことを書きますが重要なので読んでください。

 

食べた糖質はブドウ糖に分解されて小腸から吸収された後、血液に入ります。血糖値が上がるとインスリンが働き、ブドウ糖を各細胞に届けてエネルギー代謝させたり、肝臓に届けられます。肝臓はブドウ糖をグリコーゲン(貯蔵糖)に変え、エネルギーの備えとして蓄えます。身体が動いたり脳を働かせたりするうえで必要に応じて肝臓が再びグリコーゲンをブドウ糖に変えて血液中に戻し、筋肉など様々な細胞に送り出されてエネルギー代謝するわけです。

 

しかし、アルコールの分解で肝臓の働きが手一杯になると、肝臓が糖質をグリコーゲンからブドウ糖に戻して血液に送り出す働きに手が回らなくなるので、血糖値が下がりエネルギーが足りなくなってしまいます。

 

そうするとたくさん食べてもエネルギーが足りず、もっと食べたくなってしまい、糖質過多に…
お酒のせいでエネルギーとして使いきれず肝臓にも蓄えられなかった糖質がどうなるかというと、中性脂肪になってしまいます。

 

お酒のせいで糖質が足りていないと勘違いし摂りすぎてしまう。
太る負の連鎖…・

 

そのため、お酒を飲みすぎてしまうあなた、量の調節を心がけることが必要です。

 

 

【原因3を解決】ジャンキーな食べ物ばかりに偏らせないこと

食欲を抑えるのは簡単?お腹をすかせない裏ワザ

 

ジャンキーな食べ物というのは、比較的、消化が早いものが多いので、すぐお腹が空いてしまうし、
糖質が多いためにエネルギーとして使いきれずに中性脂肪に蓄えられるリスクも高まります。

 

ジャンキーな食べ物を食べたときに注意することは、2つです。

 

一緒に野菜など食物繊維の多い食べ物を食べること

 

ナッツやヨーグルトを食べること

 

この2つを意識すると消化が遅れるので、食べ過ぎ防止になったり血糖値の急上昇も抑えインスリンの分泌も減ります。

 

 

以上、腹もちが良く、血糖値上昇を抑えられる方法でした!

 

自力でいろいろ実践するのが難しいというあなたに超簡単な方法は?

食欲を抑えるのは簡単?お腹をすかせない裏ワザ

 

仕事や家事で毎日多忙なあなたは、必要な食材を毎日そろえるのは大変ですよね。
まして、毎日良質な食材と良質な油でいろいろ料理するとなると時間も手間もかかり、ハードルが高くないでしょうか。
食事改善で何夜も大事なのは何か月も継続することです。
それが朝も昼も晩も毎日となると続けるのが苦痛になってしまう可能性があり、成功するのも難しくなってしまいます。

 

いろいろ自分で食材を毎日用意し続けるのが難しいあなたは、無理して料理をする必要はないと思います。
そうしなくてもサプリなど栄養補助食品を使えば十分効果が期待できるためです。

 

大事なのは自力で食材をそろえて自力で健康的な料理をすることではありません。
いかにストレスがかからない方法で毎日継続して、いかに効果を上げるかです。

 

 

中でも天然のスーパーフードを使ったサプリなら、身体にも無理な負荷がかからず自然の力で体質改善が期待できます。
特にラクに美しく痩せるという意味ではチラコイドというスーパーフードが最近テレビでも雑誌でも芸能人の間でもブームになっています。

 

なんとチラコイドには、今までに説明した「食べ過ぎ防止を防ぐ効果」や「血糖値の上昇を防ぐ効果」があるのです。さらに食物繊維やビタミン、ミネラルなど、美しく健康的に痩せるために必要な栄養素が豊富です。

 

つまり、チラコイドのサプリを飲めば、
食物繊維の多い食材や、血糖値を上げない良質なたんぱく質、
ナッツやオリーブオイルなど太りにくい油を自力で用意し自力で料理しなくても、
簡単に食欲を抑えられて、簡単にダイエット効果を得られるのです。

 

日々忙しいあなたは、チラコイドの効果を借りるのもとても良い手段と思います。

 

チラコイドサプリの中でも特に評判が高いのがチラリッカというサプリですので、
そちらのリンクを貼ります。
興味があるあなたは、どのような効果があるのか、一度チェックしてみてください。

 



 

ちなみに、私はこのチラリッカを毎日摂り続け、食事制限せずに−12kgのダイエットを更新中です。

 

詳しい説明はこちらに載せましたので、ご覧下さい。
チラリッカで−10kg以上痩せた!?その秘訣とは