チラコイドとは葉緑体の膜?ダイエット効果の秘密に迫る!

チラコイドとは葉緑体の膜?ダイエット効果の秘密に迫る!

2017年にミスユニバースジャパンのダイエットサポート食品として公認されたチラコイド

 



 

我慢しないダイエットをサポート【チラリッカ】

 

 

2015年から国内で密かに話題になっていましたが、
その人気の浸透は緩やかで、まだ知らない方は多いのではないかと思います。

 

チラコイドは、ハリウッドスターのミランダ・カーやマドンナなど、
アメリカから人気が沸騰し、

 

日本にも徐々に流行が伝わってきています。
日本で人気が出てきたのは、日本テレビ『得する人損する人』で紹介されたのがきっかけでしょうか。

 

 

女性誌でも数多く紹介され始め、
今では日本でも有名人や芸能人が利用を始めています。

 

チラコイド製品のひとつであるチラリッカをご自身でオススメしている阿部桃子さんは、
ミスユニバースジャパングランプリの方ですが、
なんと大会期間中に−10kgのダイエットに成功したそうですね。
そのようなストイックな方がチラコイドを飲んでいると思うと、
すごい効果の期待できるアイテムではありませんか?

 

 

とはいえ、そのチラコイドという成分、一体何から生まれているのか、気になりませんか?

 

調べてみても、生物学に関する、難しい言葉ばかりで、正直理解しづらいですね・・・

 

チラコイドとは葉緑体の膜?ダイエット効果の秘密に迫る!

 

チラコイド(Thylakoid)は、葉緑体やシアノバクテリア中で膜に結合した区画である。 光合成の光化学反応が起こる場所である。(wikipediaより)

 

葉緑体?シアノバクテリア??その中で膜に結合した区画???

 

どういうこと・・・?

 

難しい言葉は解りませんね・・・
もう少し簡単に理解できるように、チラコイドについて、特徴や性質、効果をいろいろ調べてみました。

 

 

チラコイドとは、植物の葉緑体に含まれる袋状に重なったもの

 

光合成によって生き続ける緑の植物には、葉緑体があります。

 

 

画像を見て頂くと分かるように、大きな緑の豆みたいなものが葉緑体ですが、
その葉緑体の膜の中に楕円系の緑色の袋が何重にも重なっているの、分かりますか?
ミルフィーユ上状に重なっているやつです。
この重なった緑の楕円がチラコイドです。

 

しかし、こうやって図でみると、外膜の葉緑体、膜ががっちり厚いですね〜〜
しかし、その葉緑体の中にあるチラコイドも、袋状の膜になっています。
この膜が、ダイエット効果の秘密でもあるのです。

 

 

チラコイドのダイエット効果ひとつめは、なんと!ダイエットの天敵である【空腹感】を抑えられる!?食べる量が自然と減らせる!?

 

チラコイドのダイエット効果の秘密はこの袋状の膜です。
このチラコイドは袋状になっているので、胃袋に入ると、
チラコイドの膜の中に食べたものを吸収してこのように、ぷく〜っと膨らむわけですね。
チラコイドとは葉緑体の膜?ダイエット効果の秘密に迫る!

 

そして、チラコイドの膜で脂肪や糖質などを閉じ込めてしまい、消化速度を遅らせます。

 

そうすると、胃の中でチラコイドに覆われた食べ物が
長く消化されずに残ることになるので、
食事開始から早い段階で満腹中枢が刺激され、少ししか食べていないのに満腹ホルモンが分泌されます。、
少ない食事でも割とすぐにお腹がいっぱいになってくれるのです。

 

 

つまりチラコイドを食事の直前に飲むと、
すぐお腹いっぱいになって食べる量が減り、
その後も、満腹がずっと続いてなかなかお腹が空かないので、
1日分の食べる量も自然と減るという訳です。

 

・・・でも吸収を抑えてしまうと、ビタミンとかミネラルとか美容に必要な栄養も吸収されなくなっちゃう?

 

ご安心ください。チラコイドの効果は吸収を遅らせるだけではありません。
というのも、チラコイドは消化吸収を遅らせても、消化吸収を止めさせるものではないということです。
しっかり必要な栄養素を体内に吸収させるのも、ダイエットの上では大事なポイントです。

 

 

チラコイドのダイエット効果ふたつめ!吸収を遅らせても、必要な栄養素はしっかりいずれ吸収されてくれる!

 

 

 

チラコイドは膜によって吸収を遅らせることはあっても、
いずれチラコイドも吸収されるため、食事で食べた栄養は最終的には体内に吸収されてくれます。

 

つまり、食べた食事はいずれ消化されてくれるわけなので、
食事の中に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維など、必要な栄養素はしっかり吸収されてくれるということです。

 

満腹感が続き、食べなくても平気になる。
しかも、食べたものはいずれしっかり吸収されてくれるので栄養不足にもならない。
きれいに痩せるためには必要なことですね。

 

・・・でもいずれ消化吸収されてしまうなら、
結局食べた分は、やっぱり太るのでは?

 

ビタミンや食物繊維など吸収されて嬉しい要素もありますが、
太りやすい脂質や糖質など、嬉しくない要素もありますよね・・・

 

一長一短、ひとつ解決するとひとつ心配ごとが増える。
負のジレンマですね・・・

 

これについては、ご安心ください。
なんと、チラコイドには、しっかり太りにくい効果もあるのです。

 

チラコイドのダイエット効果みっつめ!食べても太らない!?秘密は血糖値の上昇を抑えられるから

 

太る理由は、血糖値の上昇によってインスリンが分泌されて、脂質や糖質を中性脂肪に蓄えてしてしまうためです。
しかし、チラコイドは、膜の力で消化吸収を遅らせるため、血糖値の上昇を抑える働きもあります。
そのため、たとえ糖質や脂質がいずれ吸収されるとしても、
血糖値の上昇を抑えることでインスリンの分泌も少なくできるので、中性脂肪には蓄えられずにそのままエネルギーとして使われたり排泄されやすくなるのです。

 

つまり、チラコイドを食前に飲めば、
糖質や脂質を摂っても中性脂肪にはなりにくく太りにくいと言えるのです。

 

チラコイドの膜の効果、すごすぎる・・・

 

食べても太りにくいなんて、ダイエットも成功しやすそうですね。

 

 

チラコイドのダイエット効果よっつめ!なんと、青汁よりも、栄養価が高い!?

こちら、びっくりしました。
最近、青汁がダイエットにも美容にも健康にも良いと大流行していますが、
その青汁よりも実はチラリッカの方が栄養価が高いことを発見しました。

 

青汁の代表的な植物としては、大麦若葉やケ―ル、明日葉が上げられます。
これらは、ビタミンや葉酸など、アンチエイジングや代謝UPなど、美容やダイエットに良い栄養素がたくさん含まれていますが、
なんと、チラコイドの方が含有量では上を行きました。

 

 

右端がチラコイド。
多少、少ない箇所があるとしても、全体的にみて、どれも多くないですか?
つまり、もしあなたが青汁にも興味があるなら、チラコイドの方が栄養豊富で、
かつ痩せる効果もついてくるので、一石二鳥、三鳥、四鳥・・・かなりラッキーではありませんか?

 

チラコイドは膜と膜の中にたくさん栄養を含んでいるのですね。
ダイエットに良いと言われている青汁よりも栄養価が高いなんて、
もっとダイエットに効果がありそうです。

 

 

チラコイドの膜が多く含まれる野菜は?

チラコイドの膜は葉緑体が多い食べ物に多く含まれる訳ですが、
比較的、量をたくさん食べやすい野菜で葉緑素が多いのは、ほうれん草です。

 

 

 

なぜなら、ほうれん草はかなり葉緑素が多い植物のためです。

 

 

葉緑素の含有量が多い植物(100gあたり)

 

  • シソ・・・175.8mg
  •  

  • ほうれん草・・・115.4mg
  •  

  • ニラ・・・49.3mg
  •  

  • パセリ・・・45.8mg
  •  

  • キャベツ・・・39.2mg
  •  

  • 春菊・・・28.4mg
  •  

  • トマト・・・3.2mg

 

100gあたりに最も多いのはシソなのですが、
ただシソを100gを食べるのは大変ですよね・・・?(汗)
現実的に考えて、100g食べやすく、含有量の多いのは、ほうれん草なのです。

 

 

しかし、ほうれん草をただ食べただけではチラコイドの膜はダイエット効果を発揮しない!??

 

今、ほうれん草をたくさん食べたら痩せると思いました?
それは、NO!!!です。

 

 

先に述べたように、
チラコイドは本来、植物の葉緑体の膜でおおわれています。

 

この葉緑体の膜は、食べても分解されないので、
ほうれん草を食べても、胃の中でチラコイドは葉緑体の中から出てきてくれません。

 

葉緑体の膜がかなり分厚いため、がっちりガードされてしまっているのですね。
チラコイドは葉緑体の中に閉じ込められてしまっていては、胃の中の食べ物に反応できないため、
消化を遅らせたり血糖値の上昇を防いだりはできません。

 

つまり、ほうれん草を食べるだけではチラコイドはダイエットの効果を発揮してくれないのです。

 

 

そこで、長年の研究を重ねたのがルンド大学のシャーロット博士。

 

 

シャーロット博士が10年以上も研究を重ねた結果、
チラコイドを葉緑体の中から生きた膜のまま取り出す手法を発見したのです。

 

これはシャーロット博士が苦労して編み出したオリジナルの手法のため、「Appethyl」(アペシル)という名前で特許を取得しました。

チラコイドとは葉緑体の膜?ダイエット効果の秘密に迫る!

 

そして世界中で特許を拡大しています。
日本でも2015年に特許を取得したため、ダイエット効果のあるチラコイドは「Appethyl」(アペシル)が現状独占状態ということですね。
逆に、「Appethyl」(アペシル)以外でもしチラコイドの名前をうたった製品が出ているとしたら、
しっかりダイエット効果のあるものかどうか、保証はありません。

 

極端に言えば、中にはほうれん草を粉末にしただけのものをチラコイドとして売っているものもあるかもしれないと言うことです。
何度も言いますが、ほうれん草をただ食べるだけではチラコイドは効果を発揮しません。
ダイエットにはあまり効果的ではないということです。

 

そのため、チラコイドの膜にダイエット効果をしっかり求めるならば、この「Appethyl」チラコイドを使った製品であるかどうかが、
大事なポイントになるのです。

 

特許取得製法の「Appethyl」(アペシル)を使った製品って、どれ?

 

日本でも、この特許取得製法で抽出された「Appethyl」(アペシル)チラコイド製品が売られています。
一つ紹介すると、こちらのチラリッカ。

 

 

私も飲んでいます。

 

もともとダイエットを頑張っていて、最近で−12kgも痩せたのですが、

 

目標体重まであと一歩、届いていないのと、
食べたい思いが強く、リバウンドとの恐怖でストレスが溜まる辛い毎日を送っていました。。

 

しかし、チラリッカを飲み始めてから、
好きなものを食べても、なぜか体重が増えなくなったのです。
むしろ少しずつ、痩せ続けています。

 

3週間でこれだけ食べても、体重がすこしずつ減り続けています。

 

これだけ外食しても、今まだ体重が落ちてきているのです。
すごくないですか???

 

 

チラリッカは、チラコイドの基本効果のほかに、
11種類のビタミン、6種類のミネラル、108種類の植物酵素、また食物繊維も含まれています。

ただ食事制限するだけのダイエットだと、胸やお尻の脂肪も減ったり、肌や髪がガサガサになったりと、あまり魅力的でない身体になってしまう恐れがあります。
そのため、ダイエットにおいて美しく痩せるためには、実はしっかり栄養を摂るということが大切なのです。

 

チラリッカにはそのキレイ痩せダイエットに適した栄養が豊富に含まれています。

 

しかも、ここもまたすごい点なのですが、
ただ含有されているというだけでなく、含有量も半端ないです。

 

よく売られているサプリなど、ただほんの0.1gなど含まれているだけで、あたかもたくさん含まれているように大袈裟にうたっているもの、
たくさんありますが、このチラリッカは、しっかりたっぷり含まれているので、すごいなと思います。

 

 

ほとんど、1日に必要な量に近い量が含まれているではありませんか!!

 

必要な栄養素をしっかり摂ることは実はダイエットの上では大事なポイントです。
なぜなら、栄養を十分摂ることで、身体が満足して自然と満腹になって食べすぎも防止されますし、
基礎代謝が高まり、痩せやすい体質にもなるためです。
その甲斐あってか、あれだけ食べても太らなくてむしろ痩せていったのでしょうか。

 

 

 

初回は1680円なので、1日当たりわずか120円でお試しできます。
コンビニで脂肪の吸収を抑えるお茶や、野菜ジュースを買うよりも安いかもしれません。

 

Appethylチラコイドの正規品で、チラコイド膜のダイエット効果がとても高いチラリッカ。
それだけでなく、美しく痩せるために必要な栄養素も加えられているチラリッカ。
試してみるにはぴったりなのではないでしょうか。
公式サイトに詳しい特徴や成分について載っているので、ぜひ一度チェックしてみてください。