ダイエット中、痩せたいのに満腹にならないのが悩み!食欲が収まらない、抑えられない理由

食欲が抑えられない理由は?ダイエット中なのに満腹にならない悩み

ピザや、菓子パン、パスタやフライドポテト、ハンバーグ、
ケーキ、クッキー、ポテトチップス!!!
食べるのが大好きなあなたにとって、ダイエットの食事制限は、
とてつもなく難易度の高い試練に感じませんか?

 

私が実はそのタイプなのですが、
何をするよりも、美味しいものを食べるのが好き。

 

食事やおやつの時間は貴重で、
食べ終わるのが嫌だし、食べた後、すぐにまた他のものを食べたくなる。

 

いくら食べても、お腹がいっぱいにならないような気がするし、
お腹がパンパンだとしても、味には飽きない。

 

この食欲、少しでも引いてくれたら、食事改善をしてダイエットになると思います。
しかし、なかなか食欲を抑えることができないのです。

 

 

 


食欲が収まらない原因

 

食欲がなかなか収まらないという方、
そもそもその原因は何なのでしょうか。
考えられる原因はいくつかあります。

 

 

1. 胃袋が空になっている

食欲が抑えられない理由は?ダイエット中なのに満腹にならない悩み

 

 

 これは単純に、胃袋の中が空っぽになっているので何か食べようとしたくなるという理由です。
 胃袋が空の状態になると、交感神経が反応して摂食中枢を刺激することで
 切実に「お腹が空いた〜〜」と空腹感を催します。

 

2. 血糖値が下がる

食欲が抑えられない理由は?ダイエット中なのに満腹にならない悩み

 

 血糖値とは、血液中に含まれる糖質の割合なのですが、
 血液中の糖分は、人間が1日動いて生活するためのエネルギー減になるので、
 血糖値が高い状態は、いわゆるエネルギーがみなぎった元気な状態です。
 逆に、血糖値が下がるというのは、エネルギー不足になるということ。
 他のもたんぱく質や脂質がエネルギーの代わりにもなるのですが、
 それらも不足していると、いよいよエネルギーが足りずに元気がなくなってしまいます。
 そうすると、身体はあせって、何かエネルギー源となる糖質や脂質を欲しがります。
 とくにジャンキーな食べ物は糖質や脂質が豊富なので、
 血糖値が下がっているときは欲しくなることが多いようです。

 

 

3. 糖質や脂質が多いジャンキーな食べ物ばかりに偏っている

食欲が抑えられない理由は?ダイエット中なのに満腹にならない悩み

 

 ピザやパスタ、フライドポテトなど、糖質と脂質の多い食事に偏っていませんか?
 これは栄養バランスが偏っていることによる栄養不足により、
 いくら食べても脳が満腹と感じづらい状態なのです。

 

 糖質や脂質に偏った食事だと、ビタミンやミネラル、食物繊維がなかなか摂れないので、
 脳が満足と感じづらく、
 ピザやパスタ、フライドポテトで胃袋はぱんぱんでもなぜか満たされない・・・
 といった状況に陥ります。

 

 また、糖質ばかり多く摂ってしまうと、血液中の糖度(血糖値)が急激にあがるので、
 しばらくすると、次は急激に下がります。
 そうすると、脳が急に「糖分が足りない!!」と錯覚し、
 糖分を補おうとお腹をすかせてしまうのです。

 

 一方で、食事が和食の日は、野菜料理も一緒に食べることが多いと思いますが、
 そんなときは炭水化物やお肉お魚のたんぱく質が割りと少なくても、
 野菜料理でお腹が早く満たされませんか?
 これは、しっかり栄養がバランス良く揃っているため、量をたくさん食べなくても
 脳が満足しやすいのです。

 

 

4. ストレス性

 

 これは、社会で生きるうえでは誰もが一度は体験をしたことがあるかもしれません。
 ストレスは自律神経を乱してしまいます。
 食欲というのは、自律神経の影響を大きく受けているため、
 ストレスによって自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経の相互作用が上手くいかなくなると、
 いくら食べても満腹感が来なかったり、
 食べてすぐ空腹感が引き起こされたり、

 

 または、全然食べていないのに、いつまでたってもお腹が空かなかったりと、
 感覚がおかしくなることもあるのです。

 

 

まとめ

以上が食欲がおさまらない理由の代表です。
いくら食べてもお腹がいっぱいにならない理由の代替は、この4点です。

 

  1. 胃袋が空になる
  2. 血糖値が下がる
  3. 食事がジャンキーなものに偏る
  4. ストレスによるもの

 

 

そのため、食欲を抑えてダイエットにストレスを溜めないためには
上の4つをひとつひとつ解決していくことが大切です。

 

次の記事で詳しい解決方法をご紹介します。