チラコイドとチラリッカの違いは?ほうれん草スーパーフードの効果と特徴

チラコイドとチラリッカの違いは?ほうれん草スーパーフードの効果と特徴

人気のスーパーフード チラコイドですが、
特許取得製法で作られて抽出された、効果の期待できる製品2つ、チラコイドとチラリッカは、違いというと、何があるでしょうか。

 

 

チラコイド
 



 

チラリッカ



 

 

まず、成分について違いはある?

 

チラコイドとチラリッカ、両方見てみましょう。

 

チラコイドの主成分



 

原材料名:ほうれん草抽出物、りんご果汁、ドロマイト、ブドウ糖、海洋深層水加工品、植物発酵エキス/増粘剤(キサンタンガム)、V.C,酸味料、抽出VE,ナイアシン、パントテン酸Ca,甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香料、環状オリゴ糖、V.B1,V.B6,V.B2,V.A,葉酸、V.D、V.B12
(一部に大豆・バナナ・やまいも・りんごを含む)

 

 

チラリッカの主成分



 

ほうれん草抽出物、ブドウ糖、ドロマイト、海洋深層水加工品、植物発酵エキス末、増粘剤(キサンタンガム)、酸味料、V.C、環状オリゴ糖、V.E、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B(原材料の一部に大豆、バナナ、やまいも、りんごを含む)

 

 

違いというと、
チラコイドがリンゴ果汁とブドウ糖で味付けされているのに対し、

 

チラリッカは、ブドウ糖とオリゴ糖で味付けされていますね。

 

チラコイドにあってチラリッカにないものはリンゴ果汁、
チラリッカにあってチラコイドにないものはオリゴ糖です。

 

ただ、チラリッカも香料でリンゴっぽい風味をつけているので、味としては微々たる差かもしれませんが、

 

細かい味の感度に優れてる方は、
もし果物そのものの味付けを楽しみたければチラコイドでしょう。

 

ただ、チラリッカにはりんごかじゅうがないですが、オリゴ糖が含まれています。

 

オリゴ糖には腸内環境を整えて便秘解消効果もあるので、
特に便秘が気になる方は、チラリッカの方が少しでも効果アップが期待できます。

 

 

 

次に、包装について違いはある?

 

チラコイドは、6.8g×15袋の個包装に分かれています。

 

 

そのため、外に持ち運びたい時は便利ですね。
例えば、仕事中のお昼に飲むことを考えると、の包装になっている方が持ち運びやすいですね。

 

ただ、1日分が一袋6.8kgのため、小包装で持って行って、1日に飲む回数が増えると、
何袋も開けてしまう可能性もありますよね、、
そうなると消費が激しくなるのが、
言えば弱点です。

 

 

 

一方でチラリッカは100gの大袋です。
そのため、1日に数回に分けて飲みたい時は、少しずつスプーンですくい取ることができ、
節約にもなります。

 

ただ難点は外出先に持っていこうとすると重たいということ。
そういう時は、100均で売っているミニドレッシング入れみたいな小さいケースに入れて運ぶことができるので、
節約したかったり、袋のゴミを出したくない場合はこちらがおすすめです。

 

 

効果について違いはある?

 

同じ特許取得製法のチラコイドを使い、
成分表を見ても、ほとんど同じのため、
チラコイドの効果にはさほど差がないのではないでしょうか。

 

強いていうなら、
チラリッカはオリゴ糖が含まれているので、腸内環境を整えるにはミラリッカの方が微々たるリードはあります。

 

 

値段について違いはある?

 

チラリッカは初回70%オフで税抜き1680円

 

送料は648円が無料です。

 

チラコイドは初回70%オフで税込1680円
こちらも送料無料です。

 

税込のチラコイドの方が若干お得です。

 

 

 

まとめ

 

以上がチラコイド、チラリッカの違いです。

 

リンゴ果汁を楽しみたいならチラコイド
便秘解消の優先順位が高いなら、オリゴ糖が入っているチラリッカ
分量を自分で計らずに、簡単に持ち運びたいなら個包装のチラコイド
飲む分量を調節して節約したいなら大袋のチラリッカ
302円安く買いたいなら、チラコイド

 

何を優先するかによって、一長一短が違うと思いますので、
ご自分の飲み方や味の好みに合わせて、選んではいかがでしょうか。

 

トップページに二つの商品の口コミや特徴と効果を載せているので、
あわせてご覧下さい。
トップページに戻る